「生物産業界を担うプロフェッショナル育成」:九州大学大学院生物資源環境科学府

キャリアディベロップメントとコーピングスキルが開講されました

平成 21 年 3 月 6・7 日にヒューマンスキルが開講されました。

受講生 17 名
 受講学生 11 名
 オブザーバー参加教員 3 名
 支援室員 3 名


本講義は、キャリアパス支援講義の一つとして開講されました。未来に向けてよいスタートを切るために、自分自身の現時点の立ち位置が明確されていることは重要です。また、色々な局面で得られる気づきを外部環境とともに概念化し、自分を最適化しながらソリューションに向けて行動を起こしていく際、色々なストレスが発生します。人が成長する過程で必ずストレスは生じます。

講師の菊池先生は、前職(リクルート)時代から、多くの学生あるいは新社会人に接しており、学生の感じる不安や弱点をよく理解されているなぁと感じました。講義内容にとどまらず、多くの元気を分けてもらった気がしました。



キャリアディベロップメントの講義では・・・

現在までの自分を認識し、自分にとってのプラスとマイナスを明確化するため「ライフライン」を作成し、引き続き、現在の自分の価値観を明確化するため「5 Value シート」を作成しました。自分による自分自身の理解を深めるため、グループ討議も行いました。

自分の近い未来を具体的に想像することで、今自分がしていることの意味づけを行うため「Goal シート」を作成しました。

未来を具体化することで、今何ができるのかを整理し、無意識に自分自身でつくっていた可能性に対する制約を取り払うことができるのではないでしょうか。


コーピングスキルの講義では・・・

ストレス自体は刺激であり、プラスでもマイナスでもあるものだと、ストレスに対する理解を変え、次いで、事実と主観を切り分けるトレーニングを、ワークシート・グループ討議を通じて行いました。

コーピングとは「負けずに戦うこと」。自分にとって何が不快なのか知り、刺激を受けた時のセルフトーク(評価・認知)の幅を拡げることで、戦うための材料がきっと増えるはず・・・。

本講義に使用した「コーピングの教科書」は、コース支援室にあります。興味のある方に貸し出せるよう、準備しております。




付箋を使って 5 Value シートを作成中。




「生物産業創成学コース支援室コースワーク」トップへ