「生物産業界を担うプロフェッショナル育成」:九州大学大学院生物資源環境科学府

キャリアディベロップメントとコーピングスキルが開講されました

平成 21 年度 キャリアディベロップメントとコーピングスキルが開講されました


開講日時:平成 21 年 11 月 27 日(金) 13 : 00 ~ 18 : 00
開講日時:平成 21 年 11 月 28 日(土) 10 : 00 ~ 15 : 00
開講場所:農学部 4 号館 102 号室および 21 世紀交流プラザ II 2F 講義室
講  師:田村 綾子 氏(株式会社 ビジョンテック)



11 月 27・28 日の 2 日間を使って「キャリアディベロップメントとコーピングスキル」が開講されました。「就職に関するスキル?」と思っている方もおられると思いますが、当講義は「一歩先の自分に向かって」という言葉をキャッチフレーズに、自分と向き合って、そして自分の進もうとする道をじっくりと考える時間、そして、進もうとする際に少しでもストレスを軽減させていくスキルを身につけるものとして位置づけています。


さて、1 日目は、主に自分のキャリアをどう構築していきたいのか、を考える作業を行いました。「キャリア」なんて、漠然としていて、もし誰かにそんな質問をされても的確に応えられる人は少ないのではないでしょうか。

そんな漠然としたものを、少しでも輪郭を浮き彫りにさせてくれるのがこの講義だったように思います。他のスキル講義のように笑顔でずっといれる、という講義ではありませんでしたが、自分に向き合う時間を効率よく提供できたのではないかと思っています。

参加した学生たちも、真剣に他の学生の話を聞き、そして自分の話をし、少しずつイメージを明確にしていったように思います。そして、未来のために「今」から出来ることがある!ということが分かり、前向きになれた時間だったと思います。




講義風景「ストレスとは何か」



そして 2 日目は、現実の中で受けていた(受けている)ストレスにどのような種類のものがあるかを考え、「コーピング」というストレス対処の技術を学びました。この技術を学ぶことで、自分の未来により一層近づくことができたのではないでしょうか。ストレスをゼロにする方法!というのではなく、少しずつ小さくしていく方法が、このコーピングスキルです。

自分の受けているストレスを話す、ということ自体、とてもストレスフルな状況のように思えますが、ペアになったり、グループになって、自分のストレスを受けやすい出来事や状況を話し合うことで、客観的に自分の考え方の癖を見つめる良い機会となりました。




ペアワーク中「私のストレス」



2 日間を通して、参加学生は、自分についての知らなかった一面を知れたのではないでしょうか。そして、それは学生にとって今後のキャリア構築に少しの手助けとなったのでは?と思います。


支援室は皆さんのもう一歩を全力サポートします!



「生物産業創成学コース支援室コースワーク」トップへ