「生物産業界を担うプロフェッショナル育成」:九州大学大学院生物資源環境科学府

平成 25 年度 コミュニケーションスキルが開講されました!!

平成25年度コミュニケーションスキルが開講されました!!


開講日時:平成 25 年 5 月 25 日(土) 10:00 ~ 18:00
開講日時:平成 25 年 5 月 26 日(日) 10:00 ~ 18:00
開講場所:平成 25 年 5 月 25 日(土)統合新領域学府 5階 大講義室
開講場所:平成 25 年 5 月 26 日(日)九州大学 職員会館
講  師:山口 裕幸 教授 九州大学大学院人間環境学研究院
講  師:岩波 美香 氏 九州大学非常勤講師
受講者数:学生 54名



今年度は例年になく、54 名と多くのみなさまに受講頂きました。
より広い教室を求め直前で教室変更を行い、箱崎地区全域停電と相まってご迷惑をおかけいたしましたが、無事終了し、ほっとしております。
ありがとうございました。


今年度は、講義編と実践編の 2 本立てで開講しました。

1 日目の講義編は人間環境学研究院の山口裕幸教授にご担当頂きました。

 

“コミュニケーションとはなんぞや?” を学んだ後、ディスカッションの教材として映画「12 人の怒れる男」を見ました。
みなさんは、「12 人の怒れる男」を見たことがありますか?
私は数回見ていますが、何度見ても新しい発見があるとても味わい深い映画です。
あらすじは割愛しますが、展開が面白く引き込まれてしまい、あっという間に 90 分が過ぎました。
グループディスカッションでも、「あれが効果的だった」「あの場面でのあの発言がよかった」等々、非常に盛り上がりました。
何より、ぶれない姿勢や態度が魅力的だったし、大事なことだと思う、なんて結論に達したようです。

見たことがない方は是非一度見てみて下さい。
また、「12 人の優しい日本人(三谷幸喜 脚本)」は、この映画のオマージュ作品です。
こちらもおすすめです!


2 日目の実践編は、昨年・一昨年度に引き続き岩波美香先生にご担当頂きました。

 

コミュニケーションスキルとして「聴く」「訊く」「話す」「書く」とテーマを分け、前日学んだことを踏まえて実際にペアワークやグループワークを行いました。

より相手に伝わるようにと、それぞれが一生懸命考えて、パートナーと実践したりグループ内で話し合ったりしている様子がとても印象的でした。

 
前で実演中。見るのとやるのは大違い!!


「慣れてない〜、変な感じがして無理〜」と嘆いていた学生もいたようですが、なぜ必要なのかを感じて、自分なりにアレンジして学んだことや気づいたことを活かして下さいね。

実践編+ α 「一歩先のファーストインプレッション(仮称)」の開講を予定しております(7 月半ば予定)。岩波先生に行って頂きますのでお楽しみに!!




「生物産業創成学コース支援室コースワーク」トップへ