「生物産業界を担うプロフェッショナル育成」:九州大学大学院生物資源環境科学府

平成26年度開講科目案内

知のフェーズ
・生物産業創成学特論
 〔少人数セミナー I 〕
 ( 2 単位)
開講セミナー一覧(現在調整中)
開講時期:前期・集中 / 後期・集中
講義担当:決定し次第、随時公開
単位認定:前後期で開講するセミナー形式講義を
     4つ受講することで単位を認定
     前後期で異なるセミナーを開講するので
     1年間で4つ受講可能
・英語コミュニケーション
 ( 2 単位)
言語文化研究院 箱崎分室にて開講される 2 単位分の英語科目を読み替える
講義詳細や登録方法は、言語文化研究院箱崎分室の WEB サイトを参照
本 WEB の登録だけでなく、必ず箱崎分室事務室で登録を行うこと (開講開始日:4 月 12 日)
・実問題解決の科学 I − IV
 (各 2 単位)

実問題解決の科学 I − IV より 2 科目 4 単位まで修了要件となる

開講時期:III:前期・集中(2 単位)
開講形式:IV:後期・集中(2 単位)
講義担当:姜 益俊・鈴木 徹(OPSP 専任教員・准教授)
詳細は OPSP の WEB サイトを参照のこと

(前期):
 担当教員:姜 益俊 准教授
 開講時期等、講義詳細は、上記サイトを参照のこと

本副専攻の履修認定を希望する学生は、WEB 科目履修登録を行うこと。他の講義と同様に左カラムのログインから登録。ただし、本講義に限り、学生係でも登録を行うこと。
・総合文化研究特論(仮称)
 〔少人数セミナー II 〕
 ( 2 単位)
開講セミナー一覧(現在調整中)
開講時期:前期・集中 / 後期・集中
講義担当:決定し次第、随時公開
単位認定:前後期で開講するセミナー形式講義を
     4つ受講することで単位を認定
     前後期で異なるセミナーを開講するので
     1年間で4つ受講可能


気づきのフェーズ
・ヒューマンスキル
 ( 1 単位)
 
開講時期:前期・集中
講義担当:新垣 のぞみ( FP オフィス COLORS )            (九州大学非常勤講師)
単位認定:講義形式 / 出席
開講日時:4 / 26(土) 10:00 ~ 18:00
開講日程:4 / 27(日) 10:00 ~ 18:00
開講場所:21 世紀交流プラザ I 多目的ホール

20 年度後期の授業レポート
21 年度前期の授業レポート
22 年度前期の授業レポート
23 年度前期の授業レポート
24 年度前期の授業レポート
・コンセプチュアルスキル
 ( 1 単位)
開講時期:前期・集中
講義担当:割石 博之(九州大学 基幹教育院)
単位認定:講義形式 / 出席
開講日時:6 / 7(土)10:00〜15:00
開講日時:6 / 8(日)10:00〜15:00
開講日時:6 / 14(土)10:00〜15:00
開講日時:6 / 15(日)10:00〜17:00
開講場所:21 世紀交流プラザ I 多目的ホール

21 年度前期の授業レポート
22 年度前期の授業レポート
23 年度前期の授業レポート
24 年度前期の授業レポート
・キャリアディベロップメントと
 コーピングスキル
 ( 1 単位)
開講時期:前期・集中
講義担当:未定
単位認定:講義形式 / 出席
開講日時:未定・決定し次第HPに掲載・プログラム登録学生へメールにて通知予定
開講場所:未定・決定し次第HPに掲載・プログラム登録学生へメールにて通知予定

20 年度後期の授業レポート
21 年度後期の授業レポート
22 年度前期の授業レポート
23 年度前期の授業レポート
・キャリア・デザインと
 ライフ・プラン
 ( 1 単位)
開講時期:後期
講義詳細は公開され次第、更新


実践のフェーズ
・コミュニケーションスキル
 ( 1 単位)
開講時期:前期・集中
講義担当:岩波 美香(九州大学非常勤講師)
開講日時:5 / 31(土)10:00〜18:00
開講日時:6 // 1 (日)10:00〜18:00
開講場所:21 世紀交流プラザ I 多目的ホール


20 年度後期の授業レポート
21 年度前期の授業レポート
22 年度前期の授業レポート
23 年度前期の授業レポート
24 年度前期の授業レポート
・生物産業実践論
 ( 2 単位)
開講形式:随時
 修士課程学生を対象としたインターンシップ
 派遣時期は要相談
・異分野・異業種交流実践論
 ( 2 単位)
開講形式:随時
 博士後期課程学生を対象としたインターンシップ
 派遣時期は要相談
・生物産業システム実習 I
 ( 1 単位)
開講形式:講演会形式
    (インターンシップスケジュールにあわせて開講)
 修士課程学生を対象としたインターンシップ事後講義
 受講希望者には追って通知
・生物産業システム実習 II
 ( 1 単位)
開講形式:講演会形式
    (インターンシップスケジュールにあわせて開講)
 博士後期課程学生を対象にしたインターンシップ事後講義
 受講希望者には追って通知
・異分野コミュニケーション実践論
 ( 2 単位)
開講形式:フィールドワーク形式
 奈良女子大学大学院との共同開講科目
 6月中旬に企画内容説明会を行う。


・ナレッジマネージメント実践論
 ( 2 単位)
開講形式:講義およびフィールドワーク形式
 講義パート
  開講日時
   未定・決定し次第HPに掲載・プログラム登録学生へメールにて通知予定
  開講教室
   未定・決定し次第HPに掲載・プログラム登録学生へメールにて通知予定
 フィールドワーク
  実施日時
   未定・決定し次第HPに掲載・プログラム登録学生へメールにて通知予定
・価値創発実践論
 (2単位)
未定
・リフレクションと評価(仮称)
 (2単位)
特別開講科目として開講予定
 受講条件:異分野コミュニケーション実践論を受講していること
 詳細が決定次第、更新
・観察法特論(仮称)
 (2単位)
特別開講科目として開講予定
 受講条件:異分野コミュニケーション実践論を受講していること
 詳細が決定次第、更新




*注意事項*

プログラム学生は、すべての講義科目の受講に際し、教育カルテへの記入を行う。
非プログラム学生も、教育カルテへの記入を推奨する。ただし、担当教員より記入の指示があった場合は、それに従うこと。

本プログラムは副専攻として実施する。
主専攻の修了(修士号あるいは博士号)を副専攻履修認定の要件としている。
副専攻(生物産業キャリアパス設計教育プログラム)の履修認定に伴い修了証を授与する。
また、履修認定に伴い教育カルテに基づくディプロマ・アプルーバルを発行する。

主専攻と副専攻で、同じ講義のダブルカウントは行わない。

副専攻として履修認定の要不要にかかわらず、 本プログラムへの参加登録が必要である。

副専攻の履修登録は、必ず、本プログラム HP より行うこと。

履修認定までの流れも参照のこと。




「カリキュラムのblog」トップへ