「生物産業界を担うプロフェッショナル育成」:九州大学大学院生物資源環境科学府

講義情報

緊急募集 日立製作所(日立研究所)インターンシップ

緊急募集 日立製作所(日立研究所)におけるインターンシップ


日立製作所(日立研究所)より九州大学にインターンシップ学生派遣について依頼がありました。

以下の条件でインターンシップ派遣学生の募集を行います。日立製作所より学部生、学府生の指定はありませんが、研究中心のプログラムであることから、本コースでは学府学生を優先させたいと思います。

また、このインターンシップ派遣は、生物産業創成学コースの正課として行います。2 単位の授与を行うとともに生物産業システム実習(1 単位)において成果発表を課します。


定 員:1名(九州大学全学部・学府学生対象)

締 切:平成 21 年 9 月 30 日 17:00

    応募者多数の際は選考となる場合があります。
    随時マッチングを行いますので、決まり次第終了とさせて頂きます。
    最終決定は、九大知財本部リエゾン部門で行いますので、希望者は早めに応募下さい。
    応募前に指導教員と相談して下さい。

応募先:生物産業創成学コース支援室までメールでお送り下さい。
    受講希望者は、下記の内容でメールを送信して下さい。
    件名:日立製作所インターンシップ希望
    本文:氏名 性別 学年 研究室名 連絡先(メールアドレスと電話番号)

受入部署(場所)
 日立製作所 日立研究所 材料研究所 電子材料研究部 有機材料ユニット
 〒319-1292 茨城県日立市大みか町 7-1-1

研究概要
 バイオマスは大気中の二酸化炭素を動植物が固定化したものであり、地上で循環する炭素源としてその利活用が注目されている。これまでほぼすべての樹脂(プラスチック)は、石油などの枯渇性の化石資源を原料に作られてきた。近年、持続可能な社会形成が求められる中で、持続性を有する生態系物質、すなわちバイオマスを用いた樹脂の開発が盛んに行われている。本研究では、木材中に含まれるリグニン成分を高耐熱エポキシ樹脂に変換し、その電気機器への適用検討を行う。

研究テーマ
 バイオマス由来樹脂の合成と評価

業務内容
・バイオマス原料の精製
・エポキシ樹脂合成
・エポキシ樹脂硬化物の物性評価

受入期間
  2 カ月程度。受入れ時期は、期末(9 月, 3 月)は避け、10 ~1 月あたりが望ましい。

必要なスキルなど
・Officeを使っての、データ整理、資料作成ができること。
・他者と円滑なコミュニケーションがとれること。
・礼儀をわきまえ、安全及び情報セキュリティなどの会社ルールを順守できること。


会社寮の利用可(朝食・夕食は会社負担 / 昼食は個人負担)

往復交通費および通勤費支給

日当有(1,000 円 / 日)




「お知らせのblog」トップへ