「生物産業界を担うプロフェッショナル育成」:九州大学大学院生物資源環境科学府

講演情報

2009 年度 日本農芸化学会大会 シンポジウム

2009 年度 日本農芸化学会大会 シンポジウム

農芸化学分野の大学院における技術者・研究者養成教育の改革:現状分析と今後の展開


主催:日本農芸化学会 JABEE 対応委員会
日時:平成 21 年 3 月 29 日 12:00(ランチョンシンポジウム)
場所:福岡国際会議場

趣旨:
近年、人材育成の観点から、大学院教育の改善が叫ばれ、農芸化学分野・領域における大学院教育のあり方が問われている。
本シンポジウムでは、大学院の JABEE の現状と課題を踏まえつつ、農芸化学分野の大学院における技術者、研究者養成教育の現状を分析するとともに、今後、大学院教育をどのように展開すべきかを議論したい。

講演:
1.JABEE の大学院認定システムについて  
   新潟大学 農学部  森井俊広  
2.JABEE による大学院教育の改革:最初の大学院 JABEE 認定プログラムからの提言
   龍谷大学 大学院理工学研究科  林 久夫
3.組織的な大学院教育改革推進プログラム:生物産業界を担うプロフェショナル育成について  
   九州大学大学院 農学研究院  割石博之

4.産業界から求められる大学院教育の改革
   三井化学株式会社 人事・労制部  尾形昇司
5.博士課程院生及び博士研究員(ポスドク)の課題:博士課程後期学生の就職キャリアー支援体制について
   九州大学 イノベション人材養成センター  古川勝彦



「お知らせのblog」トップへ