「生物産業界を担うプロフェッショナル育成」:九州大学大学院生物資源環境科学府

入学・進学 おめでとう

祝 入学・進学 !


九州大学大学院生物資源環境科学府にようこそ!

また、修士 2 年、博士後期課程 2・3 年生の皆様も新学期を迎えて、研究に就活に張り切っていることと思います。



学府改組により、本年度より学府副専攻として 3 つのプログラムが始動します。そのうちの一つ、生物産業キャリアパス設計教育プログラムは、既に行っている生物産業創成学コースと同一のものです。生物産業創成学コースは、平成 20 年度に採択された文部科学省組織的な大学院教育改革推進プログラムにより開設された学府副専攻ですが、本年度が最終年度となっております。

そこで、学府改組により誕生した副専攻「生物産業キャリアパス設計プログラム」として生まれ変わることとなりました。ただし、本年度は 2 つの名称で運営いたします。


講義科目:本プログラムでは、これまで大学院で行われてこなかった新たな講義科目を知識のフェーズ・気づきのフェーズ・実践のフェーズに展開することで、学際性・国際性の醸成とアカデミックパスのみならず、非アカデミックキャリアパス形成を支援いたします。プログラム学生として、15 単位を取得すると、主専攻の修了に伴い、副専攻履修認定(修士号相当)が授与されます。

受講登録:本プログラムでは、WEB 登録システムで行っております。履修システムおよび履修認定までの流れを確認してください。プログラム登録を行うと、パスワードが自動的に発行され、これにより科目履修登録および教育カルテへの書き込みができるようになります。

教育カルテ:学生が自らを振り返って受講記録をつける「教育カルテシステム」を採用しています。カルテを記入することで、自己の課題を発見し解決していくことや、達成度を可視化することが可能です。教育カルテは主専攻修了まで HP 上の個人ページ(ログイン方式)に保存しており、常時確認可能です。カルテを継続記入していくことで自己の成長を把握することが可能となるため、副専攻履修認定を目指す「プログラム学生」に対して、カルテへの書き込みを必修としています。また非プログラム学生にも WEB 上で受講した講義の振り返りを通じて反復効果を狙ったカルテへの記入を推奨しています。

設計教育:自らの修学履歴を教育カルテとして残します。さらに、それぞれの講義の連関を考えることで、つなげる力・つながる力の醸成を図ります。そのため、支援員(教員)がメンターとして、講義のつながりを考えるお手伝いをします。つなげる力・つながる力の涵養こそが、設計教育の狙いです。


HP では講義開講・セミナー開催のお知らせのほか、色々な企画の案内やインターンシップ情報の提供を行います。また、開講された講義の様子(コースワーク)やインターンシップの報告(インターンシップ報告)も掲載します。

スタッフブログには支援室員からのメッセージが寄せられています。皆さんにとって、一服の清涼剤になればと思い、支援室員が心を込めて書いております。お時間のある時にでも立ち寄ってください。


それでは、講義で会いましょう。





「お知らせのblog」トップへ