「生物産業界を担うプロフェッショナル育成」:九州大学大学院生物資源環境科学府

入学おめでとう!


生物資源環境科学府へようこそ!


就業支援型人材育成教育
生物産業キャリアパス設計教育プログラムでは、産業界において変化する社会情勢に柔軟に対応でき、国際的な場でリーダーシップを発揮するプロフェッショナル人材の育成を目的とし、また、非アカデミックキャリアパスへの積極的な支援も重要なミッションであると考えています。そのため、博士後期課程学生・修士課程学生に対し、プロフェッショナルマインドの醸成という新たな教育目標の達成と既存の専門教育(主専攻教育 / 研究室教育)との協奏的効果を得るべく、副専攻教育プログラムとして、生物資源環境科学府の全専攻に対してカリキュラムを提供しております。

昨年度、生物産業キャリアパス設計教育プログラムの講義を受講した院生は、のべ 393 名、単位のない企画(夢と向き合う社会科見学等)への参加者を含めると 450 名を超える院生が参加してくれたことになります。本学府の院生の数を考えると、リピーターが多いことを示しています。


本学府で開発されたカリキュラム
対人関係力・論理的思考と創造的思考・コミュニケーション力・キャリアディベロップメント・ストレスマネージメントに関する、ペアワークやグループワークを取り入れた講義や学外でのプロジェクトを中心とした実践型講義(PBL:Project-based Learning)を展開しております。

これまで皆さんがあまり経験してこなかった形式で、大学教員だけでなく、企業の一線で活躍されている方々による講義(講演ではない!)を取り入れ、新たな気づきや学びを提供します。

是非、本プログラムについても参照してください。



グローバル人材への鍵
グローバル化に向け、まさに激変する社会情勢。その中で活躍するための英語コミュニケーション力は、必携のツールとなりつつあります。英語コミュニケーションでは、ネイティブ講師やバイリンガル講師による、徹底した運用能力向上を目指した英語講義を展開します。ALC 教育社と徹底的な講義打ち合わせを行い、皆さんに最適化した講義の提供を目指しております。英会話学校の授業料を考えていただければ・・・。



各講義の内容は、講義概要を参照下さい。


原点は皆さんのモチベーションです。はじめなければはじまりません。プログラム学生として 15 単位の履修(学府発行の修了証あり)を目指すもよし、興味のある講義のみの受講もよし、各自の目的や思いにあわせて受講いただければと思います。

大学院に入って、何者かになるため、何かをはじめたいと思っている皆さん、是非、ご一考下さい。




「お知らせのblog」トップへ