「生物産業界を担うプロフェッショナル育成」:九州大学大学院生物資源環境科学府

生物産業創成学・コミュニケーションスキルが開講されました

平成 20 年 11 月 28 日にコミュニケーションスキルが開講されました。

受講生 14 名
 受講学生 10 名(1 名欠席)
 オブザーバー参加教員 1 名
 支援室員 4 名


本講義は、インターンシップ支援講義の一つとして開講されました。特にビジネスマナーの実践に重きを置いたコミュニケーションスキルとして、生物資源環境科学府としてはじめてのタイプの講義として開講されました。


他己紹介ということで各受講生に相方の紹介をしてもらい、その立ち振る舞いをビデオで(こっそり)録画しました。それを見ながら、まずは自らの立ち振る舞いを自ら評価し、本講義に対する自らの課題を明確化しました。

講師の真山先生がとってもチャーミング。しかも、何のためにこのスキルアップを目指しているのか、とても明快に解説頂き、みんな思わず本気で普段動かさない部分の脳みそや顔の筋肉を意識してしまいました。ウィンクのできない学生がこんなにたくさんいるなんて・・・!。

また、真山先生が、各自が思っている自らの課題を共有化してくれ、的確なガイダンスをいただきました。

社会に出てから、また学会発表等もで活かせる多くのスキルの向上を実感した講義でした。

みんなとればよかったのに、というのが多くの方の感想だったと思います。



 真山講師による講義


 コミュニケーション実践中

「生物産業界を担うプロフェッショナル育成プログラム」トップへ