「生物産業界を担うプロフェッショナル育成」:九州大学大学院生物資源環境科学府

履修システム


履修システム



本コースにおける履修システムの特徴、プログラム学生と非プログラム学生の違い、単位取得方法や単位振替制度について紹介します。

平成 22 年度の学府教育組織再編により、3 つの学府共通(副専攻)教育プログラムが開講されることになりました。その一つとして、生物産業キャリアパス設計教育プログラムがあります。

本プログラムでは、19 科目(30 単位分)を提供し、すべて選択となっています。そこから、15 単位の取得およびすべての受講科目に対する教育カルテへの記入が副専攻履修認定(修了)の要件となります。もちろん、興味のある科目だけ受講しても構いません。





ページ内でジャンプ
 履修システムの特徴
 プログラム学生と非プログラム学生の違い
 単位取得方法や単位振替制度


**********************


履修システムの特徴


生物産業創成学コースでは、専攻や学年の異なる様々な院生のニーズに応えるため、また教育効果向上のため、次のような独自の履修システムを設けています。


1. WEB 管理
 登録学生を WEB 上で管理するシステムを採用しています。登録希望の学生は、WEB より「プログラム登録」を行ってください。また、受講希望講義がある場合は、同じく WEB 上のログインページから「履修登録申請」を行ってください(詳細はこちら)。プログラム登録を行った学生には、コース提供の講義やイベントの案内をメールにてお知らせしますので、メールのチェックを頻繁に行うアドレスを登録してください。正課講義以外のもの(講演会や見学会)は、原則メールで参加希望を受け付けています。

2. 参加立場の選択
 提供講義の受講を「プログラム学生」あるいは「非プログラム学生」のどちらとして行うか、選択することが可能です。プログラム学生とは、本コースで副専攻履修認定に必要な 15 単位を履修することを目的としている学生です。非プログラム学生は、単発で講義参加を行う学生です。定員のある講義については、プログラム学生の受講を優先させます。

3. 教育カルテ
 学生が自らを振り返って受講記録をつける「教育カルテシステム」を採用しています。カルテを記入することで、自己の課題を発見し解決していくことや、達成度を可視化することが可能です。教育カルテは主専攻修了まで HP 上の個人ページ(ログイン方式)に保存しており、内容確認や追加記入はいつでもできます。

 カルテを継続記入していくことで自己の成長を把握することが可能となるため、副専攻履修認定を目指す「プログラム学生」に対して、カルテへの書き込みを必修としています。学生からのカルテ記入に対し、講義担当者もコメントを記入します。教員からの書き込みがあった場合、登録メールアドレスに連絡が入ります。また非プログラム学生にも WEB 上で受講した講義の振り返りを通じて反復効果を狙ったカルテへの記入を推奨しています。

 本人および講義担当教員以外、コース運営に関わる教職員の閲覧を可能としており、教育情報の共有化、教育の質向上に役立てることを目指しています。

4. 副専攻履修認定
 プログラム学生が必要単位数( 15 単位)を取得完了後、教育カルテに基づいたディプロマアプルーバルを作成します。主専攻修了時には、副専攻履修認定(修士号相当)証およびディプロマアプルーバルを発行します。ディプロマアプルーバルは、単なる成績報告ではなく、それぞれの学生の教育・活動履歴書に相当するものです。


※ WEB 管理システムについては、副専攻履修認定までの流れ(受講登録から単位認定まで)を参照してください。

※ 参加立場については、以下に示す「プログラム学生と非プログラム学生の違い」を参照した上で選択してください。


**********************


プログラム学生と非プログラム学生の違いについて


プログラムへの参加登録方法として「プログラム学生」として参加する方法と「非プログラム学生」として参加する方法があります。プログラム学生と非プログラム学生では、本プログラム提供の講義に対して対応が異なる点もあるため、下表を参照の上、自分にあったものを選択して登録を行って下さい。

登録は、プログラム登録から行って下さい。登録手順については履修認定までの流れ(受講登録から単位認定までの流れ)を参照して下さい。

  
   プログラム学生   
 
  非プログラム学生  
 副専攻履修認定 *1 
前提
 
なし
 プログラム登録 
必要
 
必要
 講義の提供 
行う
 
行う
 WEB からの受講登録 *2  
必須
 
必須
 教育カルテへの記入 
必須
 
推奨 *3


※1 副専攻履修認定の前提に係る変更は可能。登録後、参加形態の変更を希望する場合は、メールにて受け付けます。

※2 WEB からの受講登録が行われた場合、原則として生物産業キャリアパス設計教育プログラムの単位としてカウントします。別の副専攻・生物生産環境教育プログラムでは、本プログラムの講義を読み替えて単位認定を行っております。生物生産環境教育プログラムとして受講を希望する場合、WEB 登録後、メールにて支援室に連絡ください。

※3 講義担当教員から教育カルテへの書き込みの指示がある場合は、それに従ってください。



**********************


単位取得方法について / 単位振替制度


プログラム学生も非プログラム学生も単位取得方法は同じです。

講義は 3 つのフェーズに分類され、提供されます。分類は以下の通りです。

 知のフェーズ 生物産業創成学特論(少人数セミナー)
英語コミュニケーション
実問題解決の科学
  気づきのフェーズ  ヒューマンスキル
コンセプチュアルスキル
キャリアディベロップメントとコーピングスキル
 キャリアデザインとライフプラン
 リーダー教育と科学者教育 
 実践のフェーズ コミュニケーションスキル
生物産業実践論
異分野・異業種交流実践論
生物産業システム実習 I
生物産業システム実習 II
異分野コミュニケーション実践論
ナレッジマネージメント実践論
価値創発実践論




本プログラムの科目を受講した場合、受講後の単位振替制度(副専攻履修要件としての単位を、主専攻履修要件の単位に変更する制度)が 10 単位まで認められています。プログラム学生で、単位振替制度を利用したいものは、その旨を支援室に連絡してください。






「生物産業界を担うプロフェッショナル育成プログラム」トップへ