「生物産業界を担うプロフェッショナル育成」:九州大学大学院生物資源環境科学府

内田

新聞に載りました!

こんにちは。
内田です。
ゴールデンウィーク、いかがお過ごしでしたか?
支援室にも、ゴールデンウィークを楽しく過ごした方からのお土産が届いております。
今日の午後は、おそらく、ゴールデンウィークに発生したのであろう小虫に奪われまいと、
支援室スタッフは手を振り回しながら、土産を美味しく頂きました。

さて。
タイトルにもありますように、当コースでの取り組みが二つの新聞に掲載されました!

ひとつは、九大学生新聞。
4月15日号に、奈良女子大学を招いて行った交流会について取り上げていただいております。
もうひとつは、DAILY YOMIURI。
4月24日の記事に、本コース外部評価委員の那須さんが3月に行われた委員会について記載してくださっています。
記事を書いてくださったお二人、本当にありがとうございました。
マス・メディアに本コースの取り組みを紹介してもらえるというのは、なんともうれしいことです。

This little step by Kyushu University will one day make a huge contribution, I hope, as the bio-industry is crucial to the well-being of humans.
これは、DAILY YOMIURIでの記事の結びの言葉です。
とても素敵だったので引用してみました。
これからも、多くの人が生物産業創成学コースでの取り組みに興味を持ってくださるよう、
そして多くの学生方にとって、よりよい支援ができますよう、支援室一同がんばっていきます。

THE DAILY YOMIURI は、オンラインで閲覧することが出来ますので、興味をもたれた方は、ぜひご一読ください。



「支援室のblog」トップへ