「生物産業界を担うプロフェッショナル育成」:九州大学大学院生物資源環境科学府

内田

発表会を覗きにいってみました。【修論発表会編】

おひさしぶりのブログです。

先日、修論発表会を覗きに行きました。

突然、難しい理系用語を使われても、寝てしまうのではないかしら。
と思ったのですが、「見に行ってもいいよ」という室長のお言葉に甘えて、こっそり覗きに。

時間の都合上、2名の発表のみ聞かせていただきました。

案の定、研究の内容については「サッパリ」な感じで、情けない限りですが、話し方、聴衆への気配り、スライドの魅せ方など、この日のためにすごい時間を費やして臨んでいるのだろうなぁと感心しっぱなしでした。
そして、

バックグラウンドの違う私なんぞが聞いていても、「良さ」というのは十分伝わるし、そして、頷けるようなこともあり、本当に新鮮かつ充実した時間を過ごさせていただきました。
そしてなにより、発表されてる方の研究が、将来の私たちの生活に大きく関わってくるのでは?!と思うと、なんだかドキドキしました。
未来の技術の可能性に触れることができて、とても嬉しかったです。


ありがとうございました。


コース主催の行事以外は、なかなか顔を出す機会が少なかったのですが、発表会を覗かせていただいたことで、コースに参加している皆さんの主専攻で得た「強み」を垣間見ることが出来てよかったです。

4月から始まるコース講義(企画)では、みなさんの「強み」をますます活かせるように努力してまいりますので、今後ともよろしくおねがいします。

そして、これからも、時々覗きに行くと思いますが、よろしくおねがいしますね。

それでは今日は、このへんで。

内田


「支援室のblog」トップへ