「生物産業界を担うプロフェッショナル育成」:九州大学大学院生物資源環境科学府

内田

コンセプチュアルスキルが開講しました!初日終了。

こんにちは。
内田です。

梅雨、ですけど天気がよろしいですね…。
先日書いたブログが、若干、先走った感じです。

さてさて。
6 月 1 日、コンセプチュアルスキルがスタートしました。

私は、また結婚式に行っていました。
すてきな式やったわぁ…。綺麗かったわぁ…。
ほんわり。

というわけで、講義レポートは書けないのですが…。
みなさんから提出いただいた資料を楽しく読ませて頂いております。

「生き延びる努力をせよ!!」
もし、あなたが記憶喪失になったら?
正しい国籍を言わなきゃ殺されるけど、思い出せない!!

と、そんなクイズが出たんですね。講義中に。
で、みんなの回答が、私の手元に。
あ、別にテストじゃないので、これで、成績が〜とかはないです。

なんとか、思いつかないけれども必死に国籍を探ろうとする人。
諦めて、適当に言ってみる人。
なぜか、助けを請う人。
地球規模で考えてみた人。

色々な回答があって読んでいて「なるほどー」と思うものから、ツッコミを入れたくなるものまで。

答えは…気になった方は、支援室へ。


xxxxxxxxxx


テキストも、見ましたが。
けっこうな分量を一日でやったんですね。
これは…頭がシビれそう。

「考える」ということって、「癖」ですよね。
普段「何気なく」過ごして、それで OK なことは多いです。
なので、イチイチ考える、ということが良いこととも限りません。
何気なく選ぶ、何気なく進む、ということの良さもあります。
でも、一方で、「考える」ことの良さ、楽しさもあります。
普段の生活で、「何気なく」もアリ。「考える」もアリ。
でも、「考える」ことは、突然の状況だとできないことも多いようです。
というわけで、
コンセプチュアルスキルでは、普段の「何気ない」決定や行動を、一度立ち止まって「考える」時間を多く設計しています。
ぜひぜひ、楽しんでください。

8 日からの講義は、私も全力で参加します!
もし、講義登録してなかったけど、やっぱり受けてみたい…という方、お早めに支援室へ相談にきてください。
多分大丈夫です。

それでは、今日はこのへんで。






「支援室のblog」トップへ